池田信夫 blog - RSS Feed

Latest articles

ブラックロックの「政治的インサイダー取引」

世界のESG投資を牽引しているのが、世界最大の投資ファンド、ブラックロックのCEO、ラリー・フィンクだが、最近は「ESG投資は利益が出ない」と批判されている。彼の年頭の投資家への手紙では、それに反論して「ESG投資は利益を生む」と主張している。彼はこう書く。私たちが...

日本人の「ゼロリスク」は縄文時代から始まった

日本人は、極端にリスク回避的で争いをきらう。これは統計データでも客観的に示されているが、それはなぜだろうか。いちばん簡単な説明は、島国で平和が長く続いたからだということだが、これは最近の人類学の知見と一致しない。 ホモ・サピエンスは石器時代から戦争を続け...

インフレ目標なんていらない

世界的にインフレ基調になり、インフレ目標2%を設定した日銀は大喜びかと思ったら、黒田総裁はご機嫌斜めだそうだ。日銀が国債の保有残高を減らして「出口」にさしかかったときインフレになるのは、彼の「異次元緩和」がトンチンカンだったことを示しているからだろう。 インフレ目標は2013年1月に白川総裁の時代に設定し、黒田総裁が「マネタリーベースを2年で2倍にして2%」というキャッチフレーズで実現しようとしたものだ。図のように2014年には一時的にドル高・原油高で2%を超えたこともあるが、為替が落ち着くと元に戻った。いまだにCPI上昇率は0.1%である。 社会実情データ図録 理論的には、インフレのメリットは賃金の下方硬直性とゼロ金利制約を解決できることだが、前者は日本にはほとんどなく、後者の原因は自然利子率がマイナスになっていることなので、それを解決しないで日銀が「期待に働きかける」だけでインフレが起こることはありえない。...

「プライマリーバランス黒字化目標」なんていらない

経済財政諮問会議に、内閣府の新しい経済財政試算が提出された。財政健全化の目安となる国と地方を合わせたプライマリーバランス(PB)黒字化の実現時期を昨年7月の試算に比べて1年早め、2026年度とした。 財政黒字化、26年度に前倒し 健全化目標は維持へ―内閣府試算 h...

新型コロナ「5類格下げ」って何?

新型コロナをインフルエンザと同じ5類にすべきだという議論が高まっています。これはきのう維新が問題を提起しましたが、わかりにくいので、ちょっと解説しておきましょう。 維新・松井氏「コロナ5類指定協議を」 経済に軸を https://t.co/wXGD5UP4Iv — 産経ニュースWE...

バラマキ財政が民間投資をクラウディングアウトする

日本経済の今後を考える上で大事なのは、今の円安トレンドがどこまで続くかということだが、為替レートは金利差に連動して動く。常識的には日本の長期金利は0.1%で、アメリカは1.8%だから、金利は日<米だと思うが、予想インフレ率を引いた実質長期金利でみると、2020年か...

電力自由化と脱炭素化が「ホールドアップ問題」をもたらす

世界的なインフレの短期的な原因は、コロナ後の景気回復にともなう半導体などのサプライチェーンの混乱だが、これはいずれ市場メカニズムで調整される。問題はそういう攪乱要因がなくなったあともインフレが続くのかということだ。 その原因は電力自由化(発送電分離)と脱炭素化だが、これを業者も役所も理解していない。発送電を分離して短期限界費用だけで電力卸価格を決めると、変動費ゼロの再エネが有利になり、発電会社は限界費用の高い火力発電を廃止するため、供給が不安定になる。これを安定化するコストがシステム統合費用である。 これはテクニカルな話のようにみえるが、電力のように固定費の大きい産業では、産業構造を変えるぐらい影響が大きい。サンクコストを無視して限界費用だけで価格をつけると燃料費が出ないので、発電会社は火力発電所を廃止する。これは経済学でホールドアップ問題としてよく知られている。...

「最適な財政支出」とは何か

世界的にインフレ懸念が強まっている状況で、MMTのバラマキが流行しているのは日本だけだ。先日の記事の続きだが、ブランシャールがMMTについてコメントしているので、紹介しておこう。 彼は財政について二つの見方があるという。第一は彼が純粋財政論と呼ぶもので、需給ギャップの調節は金融政策で行ない、財政は長期の資源配分(成長率の最大化)を行うという正統派の立場だ。 第二はラーナーの機能的財政論で、需給ギャップをすべて財政政策で埋めるべきだという理論である。これをブランシャールはMMTと解釈しているが、それほどナンセンスな話ではない。 純粋財政論では、財政によって需要不足を補うことは資源配分をゆがめるので、総需要の調節は金融政策でやるべきだという。これは現在のようにゼロ金利制約が強いときは使えない。...

円安って何?

正月から1ドル=116円台という5年ぶりの水準になっています。今年は「アメリカの利上げで円安・インフレの年だ」といわれていますが、これはどういうことでしょうか。 Q1. 円安って何ですか? 外国為替市場では、いつも円とドルなどの外国のお金が交換されています。これを為...

「動学的効率性」が緊縮財政とバラマキ財政をわける

来年度の当初予算は107兆円という空前の規模になったが、いまだに「もっと財政バラマキを」という声が強い。こういう人々は「緊縮財政」を悪の代名詞のように使っているが、それは誤りである。この点をブランシャールが、去年11月に日銀で行った前川レクチャーで明快に整理し...

Discover, share and read the best on the web

Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!