やまもといちろう 公式ブログ

個人投資家、ブロガー、株式会社データビークル 取締役CFO 投資事業とコンテンツ事業がメインの20年選手。株式会社データビークル、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京大学政策ビジョン研究センターなどで棲息。最近は仕事より育児の比重が高くなってきました… 一歩一歩頑張って登っていきます。

Latest articles

【書評】8回忌に思う理不尽と悔悟『Winny 天才プログラマー金子勇との7年半』(壇俊光・著)

 怪著と言えば怪著で、物凄く読む者を選ぶ本書『Winny 天才プログラマー金子勇との7年半』ですが、執筆者の弁護士・壇俊光さんがセンシティブなブログを書いていたので改めて読み返しておりました。8回忌?http://danblog.cocolog-nifty.com/index/2020/07/post-00278a.html【POD】Winny 天才プログラマー金子勇との7年半 (NextPublishing) [ 壇 俊光 ]価格:1980円(税込、送料無料) (2020/7/6時点)楽天で購入『Winny 天才プログラマー金子勇との7年半』(壇俊光・Amazonリンクはこちら) 通読していて思うのは「技術と友情を取り巻く話として熱い」のに「そこに至った環境は冷たい」というコントラストであって、もちろん理不尽なことがあったからこのような優れた物語が生まれる。その一方で、その結論は金子勇さんの望まれない死であって、イケてない某京都府警と司法制度全体のエラーという残念な現実があるわけですよ。もちろん、実名で語られる、事件と法律を取り巻く人々の裏側や、不条理に立ち向かう技術者と弁護士の友情が投げかけるものは決して小さくない温度差をモロに感...

東京都知事選、ハズレSSR小池百合子を引いた一都民の感想と雑感

 クソが!!! またハズレや!! と言いたいところではありますが、長きに渡った東京都知事選挙、皆さんお疲れさまでした。私も今回は情報法制研究所の枠組みを超えていろいろつらつら拝見しておりましたが、やっぱり選挙は遠くから眺めているのが一番ですね。唯一、私の精神の安寧をかき乱したのは選挙中たびたび送りつけられる山本太郎さんに対する左右からの罵声が間違って私に着弾するという不愉快なメールの数々でございまして、終戦後も、不正選挙を許すなという罵倒メールが私のところにやってきて困惑を禁じ得ません。山本太郎さん、都知事選出馬強行のお陰で罵声メールが今回もやってくる|山本一郎(やまもといちろう) https://note.com/kirik/n/ndd2617b74d52 選挙前の状況については、メルマガであれこれ書きました。人間迷路...

【書評】『吉本興業史』が紐解く「暴力団とイベント・興行の関係」が築く未来

 冒頭から、暴力団と吉本興業・吉本吉之助の逸話が語られ、そこに闇営業で問題となったカラテカ入江慎也さん、さらに宮迫博之さんのネタへと波及。読み進めるごとに、「汚れ役を担った」中田カウスさん、吉本興業創業家が引き起こしたお家騒動、5時間以上に及ぶ謝罪会見を行った吉本興業社長の岡本昭彦さんに対する注釈と、読む者の興味関心をフルスロットルで惹きつけるのが本書であります。吉本興業史 (角川新書) [ 竹中 功 ]価格:990円(税込、送料無料) (2020/6/27時点)楽天で購入『吉本興業史』(Amazonリンク) 読んでいて気づかされるのは、単にみなが知るタレント(芸人さん)を擁する芸能事務所の歴史というだけでなく、その成功も、時折見せる人間臭いスキャンダルも、すべてはこの本の主に後半で記される「演芸とともに歩んできた吉本興業の歴史」にすべて根拠があり、引きずっているのだということです。 まるで高く売るために黒毛和牛を磨くように芸人を扱う体質が垣間見えたかと思えば、現代表取締役の大崎洋さんや、中興の祖と崇められる故・吉本吉之助さんの独特な個性の放つ「芸人は家族」「芸人あっての吉本」というエッセンスとが矛盾なく同居している。それでいて、問題...

7月7日、新設する次世代基盤政策研究所で設立記念シンポジウムを開催します

 次世代基盤政策研究所(通称『NFI』)という新しい研究団体が立ち上がり、設立記念シンポジウムを開催することになりました。といっても、ご案内はすでに各所に回っており、所定のウェブセミナーのチケットはいったん完売してしまったのですが、よく考えたらちゃんと告知していなかった… ので、枠を広げて再募集することになりまして。 多くのご参加を戴きまして、本当にありがとうございます。次世代基盤政策研究所(NFI) 設立記念シンポジウム https://nfi-japan-setsuritsukinen.peatix.com/次世代基盤政策研究所 公式ホームページhttps://www.nfi-japan.org/ もともとは、2019年8月8日に開催された「堀部政男情報法研究会・森田朗行政学研究会共同シンポジウム」が母体となり情報政策の策定・浸透と個人情報保護委員会周りのフォローアップを行うために継続的にあれやこれやと活動していたのですが、話をするごとに「これは必要な政策議論だよね」というお声がけを多々いただくようになって、じゃ組織化マストやなという健全な流れで当NFIが設立されました。 NFIからの問題提起や政策提言として、JBpressなどで...

小池百合子圧勝後、荒廃した東京では

 「出口がうんこ」というと汚い表現だと怒られてまた女性読者が減りそうですが、腐臭がするぐらいとんでもない数字になっているようです。もうね、小池百合子さんが『女帝』の貫録を見せて圧勝。ええい、覚えてやがれ。今日はこの辺で勘弁してやる。その辺の雑魚台詞を口走りたくなるほどの独走状態になっているように伝わってきます。 期日前は組織的に強いはずの宇都宮健児さんが得票率二桁に届くかどうか、山本太郎旋風も特定の年寄りや左翼にウケているのみであることは参院選と状況は変わらず、結局はキレイに左翼票が分かれて共倒れの様相です。だから言ったじゃん。でもおそらくはこの都知事選で政治的命脈の尽きる宇都宮さんに対して、山本太郎さんは次の選挙を見据えて地盤固めをやるための出馬強行だったとするならば、次はどこぞの東京選挙区で衆院選に打って出るつもりなのでしょうか。 また、維新の会からの推薦を受けた小野泰輔さんもネットでの人気はともあれたいした票を取れていません。出馬表明が遅すぎたんですよ。もっとも、うっかり次点目もあるような善戦をするようだと「そもそもおまえ、なんで熊本副知事の指名を請けられなかったんだ?」みたいなイチャモンはつけられることになると思いますので、こ...

6月24日『@IT・Security Live Week』に登壇します

 今年はセミナー類も概ねオンラインにシフトしているようですが、御多分に漏れず今年のアットマークITの「セキュリティウィーク」もオンラインセミナーになりました。@IT Security Linve Week 2020 公式サイトhttps://www.atmarkit.co.jp/ait/special/at200694/index.html セミナー自体は22日からで、私たちプライバシーフリークカフェ(PFC)が担当するのはDay3、6月24日の午前と午後に分かれたセッションです。皆さんおなじみ鈴木正朝先生、高木浩光先生、板倉陽一郎先生に私であります。 セキュリティ関連で言いますと、昨今のリモートワーク話だけでなく、このところスパイ乱舞と話題殺到のトレンドマイクロ社のあれこれなどもあるようではございますが、それとは別に今回は世間的に大変に話題になったアレの話なども含めて展開してまいりたいと存じます。 ご関心おありの方は、奮って申し込みを頂戴できれば幸いです。 @ITのセキュリティウィークともども、プライバシーフリークカフェに御贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。山本一郎(やまもといちろう)YouTubehttps://www.yo...

産経新聞の「世論調査でっち上げ」問題に思う

 何とも悲惨な事件なんですが、どうも調査下請けをやっている「日本テレネット」が人手不足を理由にかけていない調査電話の結果をでっち上げた(メイキング)という話で、これが事実とするならば、産経新聞は意図しなかったとはいえ結果として「世論調査をでっち上げ続けていた」という批判にまみれることになります。 産経新聞に連載を持つ身としても、不正のない世論調査は報道機関の持つ機能の根幹であり、正しい情報を伝えるという一丁目一番地、原理原則であることを考えると真摯に反省をして再発のないようにどうするかを検討しなければならない時期なのだと思います。【新聞に喝!】新型肺炎 改めて問われる中国との距離 ブロガー・投資家・山本一郎 https://www.sankei.com/column/news/200216/clm2002160004-n1.html 結局のところ、電話番号をランダムにかけて、有権者から政治的な意向を聴く伝統的な調査手法はだんだん回答率の低下とともに新たな方法を模索しなければならない段階に差し掛かっているのもまた事実です。毎日新聞がネットパネルを加えた新しい調査手法に移行したことも含めて、データの採り方を工夫しているのもまた印象的です。...

「ウェブ記事について語る『ライター叩き上げ飲み会』」18日19時開催

 たぶん、タイトルだけ読んでも何だか分からないと思いますが、ヨッピーさんというライターの人が、私のような初心者ライターの皆さんの書いた記事について品評したり酷評したりしてくれるというイベントがあるというので参加することにしました。 詳細はこの辺です。【ヨッピーがその場であなたの記事を添削】オンラインイベント「ライター叩き上げ飲み会」参加者募集中!https://event.spot-app.jp/special/recrim_tatakiage/youtube会場はこちらhttps://www.youtube.com/channel/UC15Ny57nOxi2Mj-0qZUU6nA/featured で、知らなかったんですがこの『レクリム』というサイト、マザーズ上場しているアドウェイズ社さんのオウンドメディアであることがさっき判明。一気に緊張感が高まります。アドウェイズ 会社概要https://www.adways.net/company.html さらに、その『レクリム』はアドウェイズ社運営の「おでかけ体験型メディア『SPOT』」にパワードバイされているらしい。何ですか、そのパワードバイというのは。おでかけ体験型メディア『SPOT』...

【お詫び】「第4回情報法制シンポジウム」で登壇できず

 当BLOGでもお知らせしておりました、一般財団法人情報法制研究所主催の「第4回情報法制シンポジウム」ですが、私も登壇予定であったものの家庭の事情があり参席できませんでした。楽しみにしていただいていた方々もおられたようで、事後のアンケートでもお見舞いのお言葉を...

山本太郎さん、れいわ単独で立候補表明で50億円ガチャのハズレ増える

山本太郎さんが6月18日告示、7月5日投開票の東京都知事選への出馬を正式に表明しました。 しがらみに気を取られず、好きにすればいいと思います。頑張ってください。この期に及んでもなお、政治は、人々に大胆な救済をしない。今やるべきことは明確。だったら、目の前のチャンスを掴んで自分がやります。本日、東京都知事選挙への立候補を、表明しました。https://t.co/FYC9fv1ZpO— れいわ 山本太郎 住まいは権利! (@yamamototaro0) June 15, 2020  お陰で先ほどから20件ほど、私個人や会社宛に「山本太郎は出馬するな」「恥さらし」などの抗議メールを頂戴しておりますが、私は山本太郎ではありません。 さて、6月4日付、北海道新聞などで報じられていますが、もともとは立憲民主党が早期から山本太郎さん擁立で動いた時期があり、また、蓮舫さんを担ぎ出す案や、前川喜平さんら左派系知識人を独自候補として擁立する動きがあったようです。立憲独自候補、れいわ山本氏擁立が幻に 都知事選 コロナで小池氏に注目:北海道新聞...

Discover, share and read the best on the web

Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!