デイリーポータルZのヘッドライン
4k followers 32 articles/week
新旧ガジェットまつり (デジタルリマスター)

先週、ふたつのイベントが開催されていた。シーテックジャパンとかっぱ橋道具まつりだ。 シーテックジャパンは電子機器の展示会、かっぱ橋道具まつりは調理用品の専門店街のお祭り。 ざっくり言ってしまえばどっちも便利な道具大好き!というイベントである。 新旧ガジェットまつりを訪れてその共通点や違いを探ってみました。 ※2010年10月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

Sat Feb 24, 2024 09:05
革新的レトロ手芸本『ギャルのセーターシリーズ』を参考にセーターを編む

高度成長期頃に巻き起こった手芸ブーム。 わたしは今、その渦中で発行された手芸本を集めるのにハマっている。 そして、当時の手芸本(主に編み物本)を読み漁る上で、どうしても見過ごせない存在がいることに気付いた。 『彼』だ。 当時の手編み界隈で旋風を巻き起こした一大ジャンル、それが「『彼』のセーター」だった。 なぜ、編み物本は『彼』を必要としたのか。編み物本における『彼』とはなんだったのか。 今回は、実際にセーターを編みながら、編み物本における『彼』の存在について考えていく。

Sat Feb 24, 2024 04:01
大磯の祭りでは神様の小屋で子どもが遊ぶ

神奈川県の大磯は、5月に行われる大きなお祭り国府祭(こうのまち)や、浜辺で大規模に行われる小正月の左義長(別名:どんど焼き)など、大きなお祭りが盛んなエリアでもある。 今回、毎年1月14日前後に行われる左義長と、その前数日間だけ行われる「お仮屋・七所参り」を見てきた。 「お仮屋」は国府祭や左義長に比べるとあまり知られていないが、町内の神様を小屋に入れ、そこに子どもも入ってお菓子を食べるなどして過ごし、その小屋がそれぞれ飾られているのが不思議でおもしろいイベントだったので紹介したい。

Sat Feb 24, 2024 04:01

Build your own newsfeed

Ready to give it a go?
Start a 14-day trial, no credit card required.

Create account