Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト - RSS Feed

Techable(テッカブル)は、国内外の最先端のスタートアップベンチャーを紹介するニュースサイトです。

Latest articles

スペクティ、AIで浸水被害を把握。リアルタイムで仮想空間の地図に再現

防災テックベンチャーの株式会社Spectee(以下、スペクティ)は、河川が氾濫した際にSNSに投稿された画像からAIを活用してリアルタイムに浸水推定図を作成する技術を開発しました。 7月に発生した複数の浸水被害について実用検証を行った結果、河川氾濫の発生から数分で浸水被害の範囲をシミュレーションできることが実証されています。 AIを活用して仮想空間に現実を再現 スペクティが専門とするのは、AIを活用したデジタルツイン技術です。IoT デバイス等を通じて取得した情報をもとに、現実を模倣した仮想空間を再現して、さらにビッグデータ解析を駆使することで高度なシミュレーションを行うことができます。 この技術を防災に生かします。河川の氾濫直後にほぼリアルタイムに浸水範囲と浸水深を推定し、2Dおよび3Dのマップ上に再現する技術の開発を同社は進めています。...

ワイヤレスイヤホン「Wooask」は翻訳機能を搭載、オフラインで日本語にも対応!

イヤホンは有線に代わってワイヤレスタイプが主流になりつつありますが、そこに翻訳機能を搭載したタイプがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。 香港のスタートアップが開発した「Wooask」は71言語に対応する翻訳機能を備え、インターネットに接続できない環境でも日本語を含む9言語の翻訳をこなします。 双方向に通訳 Wooaskの外観はまさにAirPods。他のワイヤレスイヤホン同様、Bluetoothでスマホなどと連携し、音楽を聴いたり通話に使ったりできます。加えて、翻訳機能を搭載しているのがWooaskの最大の特徴です。 専用のアプリ(iOS、Android)を使うことで、異なる言語を話す人との会話を双方向にリアルタイム翻訳してくれます。具体的には、自分の話した内容を選んだ言語でスマホを通じて相手に伝えることができ、またスマホがとらえた相手の話し言葉をWooaskを介して自分の言語で聞くことができます。...

EPFLが極低温電子顕微鏡でのリアルタイム観察を可能に!

タンパク質などの生体分子を近原子分解能でキャプチャできるイメージング技術「低温電子顕微鏡法(クライオEM)」が、2017年にノーベル化学賞を受賞しています。 最近では、新型コロナワクチンの標的となるSARS-CoV-2スパイクタンパク質の構造をマッピングするために使用されたりと、生命科学や医学、化学などで有用な同技術ですが、タンパク質のリアルタイム観察において弱点がありました。 こうしたなかスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者らは、クライオEMの時間分解能を高める手法を開発しています。 マイクロ秒スケールでタンパク質の構造変化を捉える クライオEMでは、サンプルをガラス質氷に埋め込むことで、染色、化学固定といった方法に比べてより生体内に近い状態で構造を画像化できます。 ただしタンパク質は、100万分の1~1000分の1秒以内の短いタイムスケールで絶えず構造を変化させているため、クライオEMでの観察は不完全なものでした。...

100W PD給電にも対応するマルチデバイス用モバイルバッテリー「Flash Pro」が便利そう!

スマホにスマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどと携帯するデバイスが増えるにつれ、悩みの種となるのが充電問題です。 移動中、あるいは出先でバッテリー不足に陥るかもしれない……そんな不安を解消するモバイルバッテリーがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場しました。複数のデバイスを同時に、しかも急速充電できる「Flash Pro」です。 2つのバージョン Flash Proは片手で持てるサイズで、Androidデバイスユーザー向けと、Appleデバイスユーザー向けのFlash Pro Plusの2つのバージョンがあります。最大の特徴はワイヤレスチャージャーも含め、複数のデバイスを同時に充電できることで、Android用が5台、Apple用は6台のデバイスに対応します。 ちなみにApple用はマグネティックワイヤレスチャージャー(15W出力)、Apple...

オンライン上で好条件の取引を! 卸仕入れマーケットプレイス「orosy」

コロナ禍もあり、一層盛り上がりを見せているオンライン上の取引。よりスムーズに、納得のいくビジネスを行えるよう、様々なサービスが注目されています。その中でも、今回は、株式会社スペースエンジン(以下、スペースエンジン)が開発・運営する「orosy(オロシー)」について、紹介しましょう。 事業者向けの卸仕入れマーケットプレイス「orosy」 「orosy」は、雑貨や美容、ファッションなど幅広い領域の商品を1万点取り扱い、500店舗の小売店やEC事業者が利用する卸仕入れマーケットプレイス。通常仕入れられないD2C商品や地域の作り手のクラフト商品、Amazonでは売っていない商品が取り揃えられています。オンライン上で相性の良い卸先、仕入先を見つけることができ、「口座開設、与信審査、契約書」といった煩わしい作業は一切なし。好条件の取引を行うことが可能です。...

ヨーロッパ製のロボットアーム「ERA」がISSに向けて打ち上げ

NASA Liveで宇宙飛行士が作業する様子を観るのを楽しみにしている方もいるのではないでしょうか。国際宇宙ステーション(ISS)の船外作業では、ロボットアームが重要な働きをしてくれます。 7月21日(中央ヨーロッパ時間)には、ヨーロッパ製のロボットアーム「ERA(欧州ロボットアーム)」が多目的実験モジュール「ナウカ」と共にがISSに向けて打ち上げられる計画です。 打ち上げはカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から実施され、ISSのロシア区画に設置されることになります。 「Canadarm2」と「JEMRMS」に続くロボットアーム Credit: ESA ERAはアーム長が11.3mとなっており、サッカー場でいえばペナルティエリアのボールをゴールキーパーに手渡すことができるサイズとのこと。人間の腕と同じように肩や肘、手首に相当する部分を備えています。ISSの複数の位置に固定できて、広い範囲で移動するようです。...

オランダのスタートアップが市販の超電導量子プロセッサを発表!

量子プロセッサと周辺ハードウェアを開発するオランダのスタートアップ、QuantWareは、市販の超伝導量子プロセッサ(QPU)を発表しました。 従来のコンピュータとは桁違いの演算能力をほこる量子コンピュータが、AIやサイバーセキュリティの強化など、幅広く活用されようとしています。ただし、いまのところ「量子超越性」を達成するには大型の量子コンピュータが必要です。 QuantWareは、GoogleやIBMといった大手テック企業の独壇場となっているこの領域を、多くの企業や研究機関、学術機関に開放しようと考えています。 超電導量子プロセッサ市販は世界初 量子ビットに超伝導素子の電荷を利用した、超伝導方式による量子プロセッサの市販は世界初。同方式は、光やイオントラップといったほかのゲート方式に比べてスケーラビリティやカスタマイズ性が高く、実用的な量子コンピューティングアプリケーション候補として有力視されています。...

カリフォルニア大が空気圧式のメモリを開発! ロボットを制御しピアノ演奏もできる

ソフトロボットは、人間の近くで安全に作業できるとのメリットがあります。ただ、これまでの多くのソフトロボットには、アクチュエータをはじめさまざまなハードウェアと電気が必要でした。 こうしたなか、カリフォルニア大学リバーサイド校(UCリバーサイド)の研究者らは、ソフトロボットの制御に使用できる空気圧式のコンピュータメモリを発表しています。 空気圧ランダムアクセスメモリ(RAM)では、電子ハードウェアを利用せず、バッテリー駆動のポンプのみでロボットを制御可能です。 論理回路はマイクロ流体バルブ 空気圧RAMチップには、トランジスタの代わりに空気の流れを制御できるるマイクロ流体バルブを使用しています。また、電気の代わりに空気が論理回路を流れ、空気圧の状態(真空/大気圧)により1/0を表します。...

電気自動車も充電できる! 11ポート搭載の万能型ポータブル蓄電池「DELTA Pro」

キャンプなどのアウトドア、台風など自然災害への備えにあると便利そうなポータブル蓄電池「DELTA Pro」がクラウドファンディングサイトMakuakeで人気を集めています。 大容量、しかも電気自動車を充電できるほどパワフル、そして搭載する多様なポートでスマホなどのガジェットから家電まで幅広く活用できます。 ホイール付き DELTA Proは縦長クーラーボックスのような形状で、片側にホイール付いていて、ハンドルで引っ張って持ち運びができるようになっています。 最大の売りは、112万5000mAhという大容量で、定格出力3000W、瞬間出力は6000Wとかなりパワフルなことです。たとえばTeslaのような電気自動車を充電したり、テレビや電子レンジといった家電を動かしたりできます。 ちなみに、112万5000mAhもあれば150Wの冷蔵庫を20.4時間稼させられるとのことです。...

利用者の88%が“旅するような暮らし方”に満足! 定額制回遊型住み替えサービス「tsugi tsugi」

「好きな時に、好きな場所で、旅するように暮らすことができたら」なんて、思っている人もいるのではないでしょうか。 今回紹介する東急株式会社(以下、東急)の「tsugi tsugi(ツギツギ)」は、定額制回遊型住み替えサービス。ニーズの探索と利用実態の検証をするために行われた先行体験の結果を紹介します。 利用者の88%が「旅するような暮らし方に満足」 「tsugi tsugi」は、都市型からリゾートまで、全国にある東急グループの宿泊施設から、その人の今にフィットする理想の暮らし方の提供を目指しています。最短1泊〜最長60泊 まで、自分のスタイルに合わせて1泊単位で自由に選ぶことが可能です。月額定額制であることもポイントとして挙げられます。 今回の先行体験は、2021年4月29日〜7月1日の約2か月間にわたって実施。100名の募集に対し、933名の応募があったといいます。体験の結果としては、88%の人が旅するような暮らし方に満足したと回答し、「ただいま」と帰る場所をツギツギと巡る、旅するような暮らし方への確かなニーズがあることがわかりました。...

Discover, share and read the best on the web

Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!