Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト - RSS Feed

Techable(テッカブル)は、国内外の最先端のスタートアップベンチャーを紹介するニュースサイトです。

Latest articles

福岡RKB毎日HD、サーモンの陸上養殖事業へ参入。九州の地域経済活性化めざす

放送事業を中核事業とする株式会社RKB毎日ホールディングスは、ネッツフォレスト陸上養殖株式会社とのパートナーシップを構築。サーモンの陸上養殖事業に取り組むことを発表しました。 今後詳細な事業検討をおこない、2022年中を目途に事業会社を設立する予定です。 陸上養殖で海洋環境保全や安定的な食糧確保を 水産庁は、令和2年度水産白書のなかで、世界の1人あたりの食用魚介類の消費量は半世紀で約2倍となった一方、世界の水産資源の34%は過剰利用(適正レベルよりも資源量が少ない)されていると発表。 そのようななか、ネッツフォレスト陸上養殖株式会社によると、年間を通じて水産資源を安定的に供給できる陸上養殖への注目度が高まっているといいます。 陸上養殖とは、海や湖沼などの天然の養殖環境が存在しない場所に養殖場を建設し、地下水などを施設内で循環させて魚を育成する養殖システムのこと。...

「1GB以下0円」終了の楽天モバイル、キャリア変更する?しない?おすすめプラン解説

楽天モバイルが、7月1日から新料金プラン「UN-LIMIT VII」を導入します。 新料金と言っても、その中身は現行の「UN-LIMIT VI」とほとんど変わりません。3GBまでは1078円、3GBを超えると2GBまでは2178円、それを超えると使い放題になり、料金は3278円にアップします。 料金プランとしての唯一の違いは、「1GB以下の0円」がなくなったことです。 楽天モバイルが7月1日にスタートする新料金プランのUN-LIMIT VII UN-LIMIT VIで売りの1つだった「1GBまで0円」が廃止された 毎月1GBを超えていた人はそのままでOK キャンペーンで楽天市場でもらえるポイントが上がるため、一概に改悪とは言えませんが、データ使用量を1GB以下に抑えていた人にとっては、単純に1078円料金が上がってしまう格好です。...

静岡で進む図書館DX! 自治体サイト上のPDFを自動収集するクローリングシステム開発

静岡県立中央図書館は、2021年度から静岡県立中央図書館がおこなっている「図書館DX実証実験」の一環として、静岡県内の自治体WebサイトにアップロードしたPDFを自動収集するクローリングシステムを株式会社Geolocation Technology(以下、Geolocation Technology社)と共同開発しました。 クローリングシステムにより、これまで人手で収集していたPDFを自動で収集することが可能になります。なお、公共図書館におけるクローリングシステムの開発は、全国初の取り組みとのことです。 45万件ものPDFを自動で収集 静岡県立中央図書館らが開発したクローリングシステムは、これまで収集が難しかったとされる、静岡県内の自治体Webサイトのドメイン内に格納されているPDFを自動収集するというものです。...

鉄道・道路を土砂災害から守る。センサーとカメラで災害兆候を把握する「土砂崩落監視サービス」

エヌエスティ・グローバリスト株式会社は、LPWA(低電力・長距離の無線通信技術)に強みをもつ企業。広域無線エリアを構築できるLoRa無線などを開発しています。 同社はこのたび、センサーとカメラで鉄道・道路沿線の災害リスクを遠隔監視できる「土砂崩落監視サービス」を6月5日(日)より提供開始すると発表しました。 センサーとカメラで現場の異常を監視 「土砂崩落監視サービス」では、土壌水分・地盤傾斜・気象状態を測定する複数のセンサーを監視したい現場に設置。現場ごとに“異常”を示す閾値を設定でき、グラフ化された各計測値を直感的にモニタリングできます。 蓄積データのトレンド分析により、多角的に現場の状態を把握可能。異常検出時にはメールでのアラート通知を発します。 また、センサーに加え定点カメラによる画像も収集。現場の状況を目視できるため、現場に出向くことなく対応を検討可能です。画像データは蓄積・一覧できるため、土砂崩落・倒木・落石などに関連する対策にも利活用できるといいます。...

中部国際空港のJAL貨物けん引車、名古屋から遠隔運転操作で運用効率化検証へ

株式会社ソリトンシステムズ(以下、ソリトン)は、日本航空株式会社(以下、JAL)および中部スカイサポート株式会社(以下、CSS)の協力を得て、中部国際空港の制限区域内にて貨物けん引車の遠隔運転に関する実証実験を5月23日(月)より開始します。 けん引車運用の生産性向上に資する役割を検証 同実験では、JALが運用するトーイングトラクター(貨物けん引車)に、ソリトンが開発した遠隔運転操縦システム(以下、遠隔システム)を搭載。同空港内での運転資格を有するCSSの社員が、名古屋市内に設置した遠隔センターから車両の走行状態・周辺状況を認知・判断して運転操作をおこないます。 実験を通じ、遠隔運転操作の実効性と走行安全性を評価・確認し、トーイングトラクターの空港内運用における生産性向上に資する役割を検証します。...

コーヒー器具メーカーハリオからスピーカー登場! 電源不要でアウトドアにぴったり

キャンプや釣りなどのアウトドアシーンで、音楽を楽しみたいけれどスピーカーの充電切れや汚れが気になるという人もいるのではないでしょうか。 そんな人におすすめのスピーカー「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」を、コーヒー器具メーカーハリオが発表しました。「HARIO NETSHOP」限定で、5月21日(土)に発売します。 価格は1万9800円(税込)。 コーヒーをより一層楽しめる空間と安らぎを 「自音 ~電気を使わないスピーカー~Zebrang」は、屋外コーヒー器具ブランドZebrang(ゼブラン)シリーズの新商品。 Zebrangは、キャンプでできる「新たなコーヒー体験」をテーマにハリオが立ち上げたブランドです。これまで、ハリオの開発ノウハウを生かして、折り畳み式のドリッパーなどを販売してきました。...

ネイキッド、“新時代の夏祭り”をテーマに豊川稲荷で「ヨルモウデ」開催。手筒花火・夜店なども

株式会社ネイキッドは、2021年7月以降の毎月22日に「日本三大稲荷・豊川稲荷×ネイキッド YORU MO-DE(ヨルモウデ)」を、愛知県豊川市にある豊川稲荷(妙厳寺)で開催してきました。 そしてこのたび、夏の特別期間として演出などを一新した「ヨルモウデ」を7月22日(金)~8月6日(土)の限定16日間で開催すると発表。地域との共同企画も見どころのようです。 テーマは“新時代の夏祭り” 「ヨルモウデ」は、夜の神社仏閣を光や音のアートで演出し、感染症予防対策アートで安心安全に参拝できるイベント。豊川稲荷では、昨年延べ4万人以上が来場しました。 今回のテーマは“新時代の夏祭り”。豊川市で例年親しまれてきた祭りが相次いで中止となるなか、地域共同企画を織り交ぜた豊川の夏ならではのお祭り体験をデジタルアートとともに届けます。...

アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BDの宇宙エンタメ事業が気になる

宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社(以下、Space BD)は、同社の宇宙利活用プロジェクト「スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-」第二弾の公式アンバサダーとして、グローバルボーイズグループJO1(ジェイオーワン)を起用することを発表しました。 国内外の研究対象品や記念品を宇宙空間へ 「スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-」は、宇宙空間に国内外から集めた記念品や研究対象品などを打ち上げ、対象品を国際宇宙ステーション「きぼう」の船外実験プラットフォームにて、約半年間曝露させた(宇宙空間に触れさせた)後、地球に帰還させるというプロジェクト。 主たる目的は、日本国内の学術機関の研究活用ですが、民間企業や教育機関などが制作する記念品などについても曝露・回収の対象としています。...

ナビ用スマホを置きながら充電! Magsafe対応カーチャージャー「RETECK」

ドライバーにとって運転中のスマホ充電は日常茶飯事。カーチャージャー「RETECK」はそうしたルーティーンの手間を省くツールです。 RETECKは、Magsafe対応で、スマホを手軽に設置して充電できるというもの。スマホをナビとして使う際にホルダーとしても活用できます。 マグネットシート付き RETECKは車のダッシュボードに取り付けて使うチャージャーです。ベース部分となるナノシリコン製のパッドをダッシュボードに設置し、ケーブルをつなげると準備完了。 マグネティックスタンドを起こせばスマホをマグネットでチャージング部分にくっつけてワイヤレス充電できます。磁力でぴったりと固定されるので車が揺れでもスマホが落ちることはありません。 また、Magsafe対応ではないスマホは付属のマグネットシートをスマホ背面に貼ることで「Magsafe対応端末化」することが可能です。...

Luup、不動産開発のサンケイビルから資金調達。ポート拡大加速と不動産価値向上へ

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開する株式会社Luup(以下、Luup)は、フジサンケイグループの株式会社サンケイビル(以下、サンケイビル)より資金調達を実施しました。 全国のサンケイビルグループ物件にポートを拡大 Luupが目指す、短距離移動インフラの実現には不動産との連携が欠かせません。 そこでこのたび、オフィスビル・住宅・ホテルリゾートなどを手がけるサンケイビルからの資金調達を実施。サンケイビルグループが保有する物件へのポート設置を進める構えです。 現在、大阪市中央区の「本町サンケイビル」に10台分、東京都千代田区の「ルフォンプログレ千代田御茶ノ水」に5台分のポートを設置しています。 今後も全国のサンケイビルグループ物件にポートを設置し、「LUUP」の利便性向上と物件の不動産価値向上および街の活性化を目指すようです。...

Discover, share and read the best on the web

Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!