WIRED.jp 最新情報 - RSS Feed

IDEAS + INNOVATIONS

Latest articles

Netflixは2022年、「日本発」で“爆速”のコンテンツ開発を目指す

これまでにNetflixは日本発で「全裸監督」や「今際の国のアリス」などの人気作を生み出しているが、2021年に全世界で1億4,000万世帯以上が視聴した韓国発「イカゲーム」を超えるようなヒット作はまだない。こうしたなかネットフリックスの日本法人は、攻めに転じたコンテンツ戦略をどのように打ち出していくのか。日本のクリエイティヴを統括する坂本和隆に、その具体策を訊いた。

コロナ禍の映画祭は、「ハイブリッド化」を前提に進化を続けている

コロナ禍で開催される映画祭は、いまやオンライン対応が必然になり始めた。会場とオンラインとのハイブリッド開催を予定していた2022年の「サンダンス映画祭」は、オミクロン株の影響を受けてオンライン限定に切り替わった。だが、映画産業の構造が変化するなか、こうした動きは必然でもある。

なくしたはずのビットコインが、100倍になって戻ってきた:その「価値の変化」から見えてきたこと

かつて購入したビットコインの情報を記録した紙切れを紛失したと思いきや、8年後になって価値が100倍の状態で見つかった。この体験はビットコインへの投資の賢明さを示しているようにも思えるが、その“過ち”を指摘しているとも言えるのではないか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる、実体験に基づく考察。

シリコンヴァレー随一のヴィラン(悪役)でカリスマ:ピーター・ティールの真実

技術の進歩を個人の自由や科学の発展、さらには人間の救済と結びつける生粋の“テクノ・リバタリアン”として信奉され、そして非難されてきたピーター・ティール。ペイパル・マフィアとして名を馳せ、『ゼロ・トゥ・ワン』が世界的ベストセラーとなったこの億万長者のヴェンチャーキャピタリストは、なぜいまなお、単なる起業家や投資家の枠を超えてシリコンヴァレーの知的アイデンティティとなっているのだろうか?

若き天才が堕ちたインターネット犯罪の闇:映画『シルクロード.com―史上最大の闇サイト―』監督インタヴュー

違法ドラッグから殺人依頼まで──。完全匿名で何でも売買できる史上最大の闇サイト〈シルクロード〉がダークウェブ上に立ち上がったのは、2011年。1日の売上げが1億円超となった闇サイトは、やがて警察やFBIの標的となり、「米国サイバー犯罪史上最も大がかりな捜査」を経て、13年にはついに創設者ロス・ウルブリヒトが逮捕された。若き天才はなぜ闇に堕ちたのか? その実像に迫る映画『シルクロード.com―史上最大の闇サイト―』を監督したティラー・ラッセルに訊いた。

工業製品×プラモデルで“近未来“を生む造形作家・池内啓人が、最大規模の個展で見せてくれる世界

誰もがよく知るガジェットや日用品を、機能はそのままにまったく別の外見へと昇華させる造形作家・池内啓人。『WIRED』イタリア版の表紙やバレンシアガのキャンペーンヴィジュアルを手がけた彼の個展が、東京・渋谷で2022年1月30日(金)まで開催中だ。プラモデルと工業製品の“かけ算”で、いったい彼はどんな世界を見せてくれるのか。

オープンシー(開かれた大海)、あるいはワイルドウエスト(無法者の荒野)への一歩:SZ Newsletter VOL.118[CRYPTOECONOMY]

NFTマーケットプレースで男性器をモチーフにしたピクセルアートをディグり続ける友人を突き動かすものは何だろうか? いまやNFTアートや暗号通貨についてはいくらでも聞いたことがあるはずだ。でも実際に暗号通貨取引所に口座を開設し、イーサリアム(ETH)を使って何か購入したりメタヴァースに繰り出した人はどれだけいるだろう? 今週のSZメンバーシップのテーマでもある「CRYPTOECONOMY」という名の“ワイルドウエスト”にささやかな一歩を踏み出した編集長からのニュースレター。

Twitterを舞台に暗号通貨詐欺を取り締まる自警団が生まれている

暗号通貨という荒ぶる開拓地で法と秩序の維持に努めるオープンソース“保安官”たちがいる。ユーザーが匿名かつ仲介者なしで通貨を交換できるこの世界では不正行為も珍しくない。偽のアイデンティティや多重アカウントなら数えきれないほどある。ただし、匿名であると同時に透明でもあり、その取引はすべてオープンでデジタルな通帳に記録される。そこで、匿名のアマチュア保安官たちの取り締まりが可能になるのだ。

未成年者の年齢を推定するAI技術は、子どもに本当に「安全」をもたらすのか?

SNSやオンラインゲームのアカウント開設からアルコールの購入まで、子どもの安全のために年齢を証明するよう求められる場面は少なくない。こうしたなか、英国のある企業が人工知能(AI)によって自動で未成年者の年齢を推定するシステムを開発した。しかし、その利用を巡って異論も出ている。

消費者向けパワードスーツ「SPORTSMATE 5」は、外骨格を用いた“フィットネスの未来”を見せてくれる:製品レヴュー

消費者向け外骨格(エクソスケルトン)としてスタートアップが開発した「Sportsmate 5」。医療用や軍事用が多いこの種の製品には珍しく一般人向けにつくられたこの製品は、「外骨格を使ったフィットネスの未来」を見せてくれた──。『WIRED』US版によるレヴュー。

Discover, share and read the best on the web

Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!