Japan - The Huffington Post - RSS Feed

Japan ハフポスト全体の記事

Latest articles

不登校になってから会社を設立した子に起きていたこと

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から離れていったのでしょう。小学校2年生と5年生の二度にわたり不登校をした14歳のハルユキさんに、その当時の心境を語ってもらいました。 * * *――学校へ行かなくなった時期を教えてください。小学校2年生のときと小学校5年生からです。――小学校2年生で行かなくなった理由はなんでしたか?ふつうにいじめが始まったからです。いじめっ子みたいな人が1人いて、その子を中心とした数人のグループから標的にされてしまったんです。上履き袋を盗まれたり、遊ぶときには「お前は参加するな」と言われたり。なぜいじめが始まったのか。きっかけはわかりませんが、彼らからヘイトを集めてしまったみたいなんです。それで1カ月間ぐらいは休んだり、行ったりをくり返していました。――すごくハキハキと話していますが、つらかったですよね。イヤでしたね。いじめられると泣きたくなるんですが、泣くってすごく恥ずかしい。だから泣きたいのに涙をこらえなきゃいけない。それが悲しいというか、悔しいというか、なんとも言えない気持ちでした。苦しいことを学校の先生にも相談しましたが、解決はしてくれませんでした。先生は子どもどうしで話...

亡命望むベラルーシ選手、起きたこと。コーチ批判による帰国命令を拒否⇒ポーランド「ビザ発給」

東京オリンピックの陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が、コーチの不手際を批判したのを理由に帰国命令を受け、国際オリンピック委員会(IOC)や日本政府に助けを求めている。帰国を拒否したツィマノウスカヤ選手に対して、ポーランド政府が支援や受け入れを表明し、人道的な配慮によるビザを発給したと説明している。オリンピックの裏で、ツィマノウスカヤ選手に何が起きているのか。経緯をまとめた。「IOCの介入を求めます」ツィマノウスカヤ選手は7月30日、女子100メートルに出場したが、予選突破はならなかった。オリンピック公式サイトのプロフィールページによると、女子200メートル、女子1600メートルリレーにも出場予定だった。状況が変わったのは8月1日。ベラルーシのメディア「NEXTA」がツィマノウスカヤ選手の動画をTwitterに投稿。彼女が「IOCに助けを求めます。プレッシャーをかけられ、同意なしに私を日本から出そうとしている。IOCの介入を求めます」と訴えていると、ツイートで説明した。❗️Kristina...

東京や横浜などで本降りの雨 関東は晴れていても急な雨に注意

2021/08/03 08:50 ウェザーニュース今日3日(火)の関東は熱帯低気圧の北上に伴って流れ込んでいる、湿った空気の影響で雨雲が発生しやすくなっています。晴れていても急に雨の降り出すことがあるため注意が必要です。東京都心や横浜市で本降りの雨今朝の関東は晴れている所と怪しい雲が広がっている所が入り混じっています。東京湾周辺で雨雲が発達しており、横浜市周辺から東京都内に広がっています。雨雲の下では本降りの雨になっていて、8時30分までの1時間には横浜市で8.0mmの雨を観測しました。» 最新の雨雲レーダーこの後は気温の上昇が加わるため、引き続き大気の状態は不安定です。晴れていても急に雨雲が発生、発達することがあります。外出時は最低限、折りたたみの傘などを用意してください。活発な雨雲の周辺では雷の起きやすく、短時間の強い雨や落雷に注意が必要です。»...

オリンピック野球で使われている「アレ」に世界が注目。「MLBも導入すべき」の声も

連日熱戦が繰り広げられている、オリンピック野球の試合。試合内容とは別に、画面の向こうにいる観客たちを楽しませているものがある。それは、リリーフ投手をブルペンからマウンド近くに運ぶ「リリーフカー」だ。英語では「ブルペンカート」と呼ばれる。そのユニークなデザインに世界の人たちは心を奪われたようで、野球の試合が始まった後にソーシャルメディアで話題になった。They’re using an incredible bullpen cart at the Olympics pic.twitter.com/M7FJEkZSNy— Jomboy Media (@JomboyMedia) July 29, 2021 オリンピックでは、とても素晴らしいブルペンカートが使われているデザインに注目集まる東京オリンピックで使われているブルペンカートは、王冠のようなグローブ型の椅子が備え付けられていて、そこに投手が座るデザインになっている。投手とドライバーは距離を保てる仕様だ。アメリカのメジャーリーグでも1950年代にブルペンカートが導入され、かつてはゴルフカートにチームの帽子をつけたデザインが主流だった。90年代からは徐々に使われなくなったが、2018年にアリ...

コンビニおにぎりに苦戦した五輪レポーター、小平奈緒選手からまさかの「サプライズ」【東京オリンピック】

数日前の「助けてください」から一転、今度は笑顔になった。日本のコンビニおにぎりの上手な開け方が分からず苦戦していたカナダの五輪レポーター・アナスタシア・バクシスさんに“サプライズ”が待っていた。サプライズの“仕掛け人”は、女子スピードスケートの選手で平昌五輪の金メダリスト・小平奈緒選手だった。いったい、どういうことなのか。「大好物」の日本のコンビニおにぎりが開けられず...カナダの放送局『CBC』で東京五輪のレポーターを務めているバクシスさん。7月27日に自身のTwitterに投稿した動画では、「大好物」という日本のコンビニエンスストアで販売されているツナマヨネーズのおにぎりを紹介。ところが、上手な開け方が分からず、「私は本当に(開けるのが)下手なので、どこが間違っているのか誰か教えて下さい」と助けを求めていた。助けてください...

個性的すぎる。オリンピック選手のマスクに注目集まる【画像集】

新型コロナの影響を受け、東京オリンピックではマスクは欠かせないアイテムになりました。表彰式では、表彰台での写真撮影のために最大30秒間外すことが認められていますが、選手は多くの場面でマスクを着用。選手たちの個性的なマスクに注目が集まっています。 ネコが好きすぎて…。競泳男子100メートル背泳ぎと200メートル背泳ぎで金メダルに輝いたROC(ロシアオリンピック委員会)のエフゲニー・リロフ選手。インスタグラムにネコとの2ショットを投稿するなど、ネコ好きで知られているというリロフ選手は、オリンピックでもネコを模したマスクを着用。しかし、ロシア通信によると、表彰式にも猫マスクで参加しようとしたところ、大会組織委に認められませんでした。リロフ選手は「泣きたい」とコメント。マスクはガールフレンドからプレゼントされたものだといいます。...

オリンピック野球、アメリカ戦の見どころは?「冬季五輪メダリスト」と、日本でおなじみ「あの人」に警戒

東京オリンピック・野球日本代表は2日、準々決勝をアメリカと戦う。日本の先発は去年までメジャーリーグで活躍した田中将大投手(楽天)。対するアメリカは、バリバリのメジャーリーガーこそいないものの、冬季五輪の銀メダリストや日本のプロ野球で活躍する選手など、多彩な顔ぶれだ。■侍ジャパンは?日本代表は、初戦のドミニカ共和国戦を坂本勇人選手(巨人)の劇的なサヨナラ打で下した。2戦目となる7月31日のメキシコ戦は森下暢人投手(広島)を立てると、先制こそ許したものの、山田哲人選手(ヤクルト)や坂本選手のホームランもあり試合を優位に進め、終わってみれば7対4と快勝。アメリカ戦には中1日で臨むこととなる。先発は田中投手。日本球界に復帰した今シーズンは、13登板で4勝5敗、防御率2.86。「楽しみなんてない」とプレッシャーをうかがわせるが、昨季までメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに7年間在籍し、外国人打者の対戦経験も豊富だ。■個性派だらけ、アメリカ代表対するアメリカは、これまでイスラエルと韓国をそれぞれ下している。メジャーリーグで活躍する選手こそ見あたらないものの、個性豊かなメンバーが揃っている。異色なのは2番セカンドのエディ・アルバレス選手だろう...

「厳しい暑さ」続く。熱帯低気圧の影響で、局地的に激しい雨の降るおそれも【週間天気】

2021/08/02 06:44 ウェザーニュース ■この先1週間のポイント・熱帯低気圧の動向に注目・晴れてもゲリラ豪雨に注意・厳しい暑さ、熱中症に警戒熱帯低気圧の動向に注目週中頃までは太平洋高気圧が東から日本列島を覆い、日本の南の海上は低気圧が発生しやすい状況が続く予想です。昨日小笠原諸島近海で発生した熱帯低気圧は、明日にかけて本州に近づく見込みです。局地的に激しい雨の降るおそれがあるため注意が必要です。熱帯低気圧の進路がズレた場合は、雨の強まる地域が変化しますので、最新の情報をご確認ください。晴れてもゲリラ豪雨に注意日中の気温上昇や上空の寒気、また南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、大気の状態が不安定な日が多くなります。西日本や東日本は山沿いを中心に、晴れてもゲリラ豪雨のおそれがあります。>>10日先までの天気・気温(無料) 厳しい暑さ、熱中症に警戒日本列島には暖かく湿った空気が流れ込みやすくなるため、日差しが乏しくても気温が高く35℃以上の猛暑日となるところもあり蒸し暑くなる予想です。気温の数字以上に熱中症の危険性が高まりやすい状況です。適切なエアコンの使用や塩分・水分補給など熱中症への対策を心がけてください。>>この先の天...

同性愛公表の黒人選手は、メンタルヘルス問題とも闘ってきた。表彰台で「抗議」のXポーズ【東京オリンピック】

「闘うすべての人に感謝します」8月1日に行われた東京オリンピック・陸上女子砲丸投げの試合で、銀メダルを獲得したアメリカのレーベン・ソーンダーズ選手が、表彰台で両腕をクロスさせ抗議の意味を込めた「Xポーズ」を見せた。ポーズの意味を聞かれたソーンダーズ選手は「抑圧されたすべての人たちが交差する場所」と答えている。闘うすべての人に感謝ソーンダーズ選手はサウスカロライナ州出身の黒人選手だ。同性愛者であることを公表しており、メンタルヘルスの問題に苦しんできたことをオープンに語ってきた。  ソーンダーズ選手にとって、銀メダルの喜びは自分だけものではなかったという。NBCによると、同選手は試合後に「黒人のみなさん、LGBTQコミュニティのみなさん、メンタルヘルスの問題を抱えているみなさんに感謝を!」と、同じ立場にいる人たちへの感謝と敬意を口にした。 さらにInstagramでも「このためにすべてを捧げてきた。あなたが黒人であれば、LGBTQIA+の人であれば、もしくはメンタルヘルスの問題で苦しんでいるのであれば、これはあなたのためのものです。闘うすべての人に感謝します」とつづっている。  ...

どこにあるのか「復興五輪」帰還困難区域・浪江町津島住民の終わらぬ訴え

東京電力福島第一原発事故から10年を経て、ようやくの審判を待つ人々がいる。いまも帰還困難区域とされる福島県浪江町・津島地区。豊かな山里の暮らしと人の絆を奪われ、その責任の所在も明かされぬまま避難生活を強いられた住民の約半数が、「ふるさとを返せ」と6年前、国と東電を福島地裁に訴えた。判決は、東京オリンピック開幕後の7月30日。「復興五輪」の幻夢からも、コロナ禍の都会の喧騒からも遠い「被災地」の終わりなき現実を訪ねた。 高い放射線量の中に捨て置かれた体験猛暑の福島市内から国道114号線を東に約1時間。のどかな阿武隈山地の道に「帰還困難区域」の立て看板が現れる。福島第一原発(福島県双葉町・大熊町)から西北西約30キロにある、浪江町津島地区の入り口だ。車はこの先で大型テントのスクリーニング検査場を通り、同乗させてくれた地元の住民、佐々木やす子さん(66)と三瓶春江さん(61)が、筆者を含めた立ち入り申請をした。佐々木さんは中通りの大玉村、三瓶さんは福島市に現住所を持ち、自宅を訪れるにも面倒な手続きを要する。近隣の家は「蛇腹」と呼ばれるバリケードで閉ざされ、原発事故から10年が過ぎてなお、人の往来をものものしく拒む帰還困難区域の風景があった。現...

Discover, share and read the best on the web

Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!