Chikirinの日記

Chikirinの日記

Latest articles

問題は時間じゃなくて(多分)くだらなさ

平時には「働き方改革」とか「イクメン」とか言ってるけど、いったんコトが起こると突然「徹夜してでも仕上げろ!」となるのが日本という国。地震が起こったり台風で停電したり洪水が起こったりすると、上司だけでなく一般市民もマスコミもこぞって「公務員と電力会社はなんにち徹夜してでもスグに復旧しろ!」と要求する。って話は前に書きました。chikirin.hatenablog.com これはもちろん、コロナで大変な今も同じ。ちょっと前まで小泉ジュニアが「霞ヶ関でも父親の育休を」とか言ってたけど、医療崩壊の危機とGoTo大混乱な今、厚労省や観光庁で働く「父親である官僚」には育休など、無縁なものになってるんじゃないでしょーか。さらに最近は霞ヶ関の労働環境がさらにひどくなり、 ・若手官僚の退職(転職)が増加 ・そもそも官僚を目指す学生が減ってる...

2020年夏 北海道の人気観光地のリアル

この夏、北海道に旅行しました。移動制限は解除されていましたが、東京が GoToから除外されていたので、まだ人はあまり動いてない時期。インバウンドが消滅した北海道の観光地がどうなっているのか、社会派ブロガーとして、紀行文筆家として見てきたものを記録しておきましょう。 まずは近年、中国人観光客に大人気だった富良野のラベンダー畑昨年までは「ラベンダーより中国人観光客のほうが多い」とまで言われた人気の観光地ですが、今年は人もまばら。広域で風景を撮影しても「誰も観光客が映りこまないアングル」での撮影が可能な状態でした。 秘境として人気が高まっていた美瑛町白金にある青い池も、周囲の道が細く、昨年までは渋谷駅の通路なみの混雑ぶりだったのに、今年はガラガラ。 本来の神秘的な趣が楽しめました。人気の観光列車のノロッコ号。有料の指定席さえなかなか予約できないといわれていたのに、今年は週末でも自由席がこのとおり。...

真の敗者は公明党

政令指定都市である大阪市を4つの特別区に分割変更する案が問われた住民投票=実質的には大阪都構想の是非が問われた選挙の結果がでました。5年前同様、反対派の勝利。僅差ではあるけれど、前回より反対が増えた印象もあり、維新は完全敗北したと言えるでしょう。 んが、実は、最大の敗者は公明党 なんですよね。 なぜかって?ご存じのように公明党は「小党ではあるけど、選挙にはめっぽう強い党」だと認知されてきました。自民党が政権を維持できるのも公明党のおかげ、と考える人は多く、自民党もそれはよくわかっています。 んが!そんな自民党の中にも、公明党をうっとおしいと考える人たちがいます。自民党が「コロナで困ってる人に 30万円を配る」と決めても、公明党が「全員に 10万円だ!」と言い出せば一日でヒックリかえされてしまう。めっちゃ苦労して消費税を10%に上げたのに、「食料は...

ネットに弱みを開示することのリスク

インターネットなど存在しなかったずっと昔から、「心が弱っている人を狙う詐欺師」はたくさんいました。たとえば子供が不慮の事故で亡くなった親のところには、・子供が成仏できずにさまよっている。今なら特別に、偉い先生がありがたいお経を唱えてくれる。 ・こんなことが起ったのは悪い霊がついているからだ。お祓いをして、この精水を毎日、仏壇に供えなさい。 ・玄関の方角が悪いからこんなことになったのだ。すぐに改修したほうがいい。 みたいな人がやまほど集まってくるんです。 最初は「大変でしたね。悲しいですよね。実は私の姉の家でも同じような不幸がありまして・・・」みたいな感じで、心弱っている人に寄り添う言葉をかけてくるのだけど、最後には高価なお札やら壺やら精水やらを買うことになったり、全財産を寄付して家中の悪い運気を落としましょう、みたいな話になったりします。子供が死んだ親にだけでなく、働き盛りの夫が難病に倒れたり、今まで順調だった家業が突然に傾き始めた家にも、こういう人がこぞって集まってくるのは、ネットがない時代からよくあることでした。でね。当時は「誰が心弱っているか」を人に先んじて見つけ出すのが、こういう詐欺師に求められるスキルだったわけですが...

日本がなんど沖縄を踏みにじってきたか、数えてみた

先週、沖縄にGoToし、あらためて沖縄、ってか琉球地域の歴史について勉強してきたので、そこで学んだことをまとめておきます。あたしが学んだこと、それは、「日本はこんなに何度も沖縄を蔑ろにしてきてたんだ!」ってことでした。いったい日本は何回、琉球・沖縄を踏みにじってきたのか、数えてみましょう。 1.琉球王国という独立国を、突然、日本の領土にしたまずは歴史のおさらいから。もともと沖縄は 1429年から1879年まで450年も続いた「琉球王国」という独立国でした。そのころの東アジアには、 ・日本(室町時代から安土、そして江戸時代) ・中国(明や清王朝) ・朝鮮(李王朝) ・沖縄(琉球王国) などの国があったわけですね。このうち国力的、文明的に圧倒的だったのは中国で、他の国はせっせと中国の王朝に貢ぎ物をしたり使者を送って国として認めてもらったり、技術者や宗教関係者を送って修行させていました。日本も琉球王国も李氏朝鮮もそうした国のひとつだったわけです。これらの国の間には軍事的な衝突もあり、古くは1274年、1281年に日本はモンゴル帝国からの攻撃を受けてるし(元寇)、豊臣秀吉は1593年と1597年に朝鮮に出兵したりしてます。琉球王国...

縦割りを排し、統一IDなしには暮らせない社会へ

菅政権の目玉政策のひとつが「デジタル庁の創設」この機にハンコやファックスをなくそうという話も出てきてて、確かにそれもいいと思うのですが、デジタル社会を実現するためのコア中のコアは「国民全員に統一IDを割り当てること」なので、今日はこの点に絞って「どうあるべきか」を書いてみます。ちなみに!デジタルかアナログかはさておき、「統一IDなしには暮らせない社会」になってる国って既にあるんだよね。アメリカは社会保障番号、韓国は住民登録番号なしには暮らせない社会だし、中国なんて国民IDなしには長距離電車にさえ乗れません。デジタル行政で有名なエストニアも国民IDなしには暮らせないし、ドイツも税識別番号ってのを基本、全員に割り振ってるはず。日本だって、住基ネットナンバーだのマイナンバーだの何度も(巨額の税金を投入して)システムだけは作ってるのですが、問題は「日本では統一IDを使わなくても日々の暮らしにまったく困らないこと」なんです。だからカードを取得する意味がないし、送られてきた番号通知書を無くしちゃいました、みたいな人まで出現してしまう。でもね。アメリカで社会保障番号なくしちゃったら、生活できないですからね。社会保障番号って名称ではあるけれど、家を借...

自民党総裁選 候補者の演説まとめ

今日行われた自民党総裁選の立候補者による立ち会い演説会がなかなか面白かったので、内容をまとめておきます。以下、演説は届け出順で各 20分。黒字は演説骨子で、赤字はちきりんの解釈&感想です。 <石破茂氏>1.政治家とは? 自民党とは? ・政治家がやるべきことはただひとつ。勇気と真心をもって真実を語ること ・自民党は、勇気をもって自由闊達に真実を語る政党でなければならない。 ・国会を公正に運営し、あらゆる人に公平な政策をつくる政党でなければならない。→ すべて安倍政権への批判ですね。仲のよい人に便益を図り、国会で質問されても真実を語らず、反対意見を封殺するような政権であった、と言いたいのだと思います。2.民主主義は変節した ・100年前、戦争に反対した人はみな粛正された。 ・権力と癒着したメディアは戦争を煽り、予算を減らされたくない軍部が暴走した。...

カラフルファミリー 感想

NHKのドキュメンタリー「カラフルファミリー」という番組がとてもおもしろかった(考えさせられた)ので、忘れないうちに感想を書いておきます。番組概要は下記にありますが、 www6.nhk.or.jp トランスジェンダーの(女性の体で生まれたけど男性だった。ので、今は男性として生活している)文野(ふみの)さんと、彼のパートナーである女性が子供を持ちたいと考え、いろんな方法を熟慮検討した結果、文野さんの 10年来の親友でもあり、ゲイでもある男性の権ちゃん(ごんちゃん)から精子提供を受けて、文野さんのパートナー女性が妊娠、出産。関わり方の濃淡はあるけど3人で子育てを始めている、という実話の取材番組でした。以下、視聴した感想をまとめておくと 少子化が問題だと言うなら、子供を産みたい人が産めるよう環境整備したらいいのに...

インバウンド観光業界の苦しさ要因まとめ

新型コロナの感染で海外からの観光客がストップして数ヶ月。昨年 3188万人も来ていた観光客は、2月には半減、4月からは「ほぼゼロ」となっています。 ・訪日外国人動向2020 - 観光統計 - JTB総合研究所今日はこの「インバウンド観光業」が(通常の観光業に比べても遙かに)大変な状況になっている、その要因について書いてみたいと思います。 1.大きな投資をしたばかりだった インバウンド観光業者の中には、「昨年、大きな投資をしたばかりだった」というところがものすごく多いんです。なぜなら、インバウンド観光が盛り上がってきたのは、ここ数年のことだから。海外からの観光客が 1000万人を超えたのは 2013年、2000万人を超えたのが 2016年、3000万人を超えたのは...

Go to キャンペーン大混乱について

新型コロナで大打撃を受けている観光業界を支援するため政府が計画した「Go to キャンペーン」今月22日からの旅行の宿泊費に関して、最大35%を支援すると発表したのが、たかだか一週間前。なのに突然「東京在住者には不適用」「東京発着の旅行も不適用」、かつ「高齢者や若者の団体旅行、大人数の宴会は避けるように」とか言い出して、旅行会社は大混乱。関東圏の観光地の旅館では「昨日と今日で200件の予約キャンセルが発生。その半分近くが今月の予約(なので、今から埋めるのはもはや不可能)」という状態らしく、「これって何を目的としたイジメ?」って感じです。私はこのブログを「12歳のときの自分に、リアルな社会の仕組みを教えるため」に書いているのですが、今回の Go to キャンペーンを巡る混乱については「12歳だと理解できないかな?」と思えることも多いので、いくつか説明しておきたいと思います。...

Discover, share and read the best on the web

Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Subscribe to RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!