Ferret [フェレット] - RSS Feed

ホームページの悩みは今日で終わりWeb担当者に必要な情報は全てココに。成果の出る"ホームページ運営プロセス"を公開中.

Latest articles

ページ離脱率を改善する方法とは?離脱の原因と業種ごとの平均直帰値

Web広告施策に取り組む中で、「広告経由のページ流入で離脱率が高い」と悩みを抱える担当者は多いのではないでしょうか。この記事では、ページ離脱率を改善するための具体策や、業種ごとの平均直帰値について解説します。 続きはこちらからご覧ください。

イベント集客の強さの秘密とは。最強のメディア=「人」による、熱量を届けるコミュニケーション

BtoBビジネスは、スペックや価格など客観的な評価基準が重視されますが、判断基準はそれだけではありません。事例やノウハウ、コンテンツなどの情報よりも、人との接触が最終的な意思決定を左右するケースも多くあります。 例えば、ホットリードを集めるためには展示会での接触が効率的です。また、検討度を高めるためにはセミナーやウェビナーが適しています。最終的な購買決定前には、セールス担当者の人間性も重要な要素の一つです。 なぜ、人同士のやり取りは意思決定において大きな影響力を持つのでしょうか。今回は、「人」から影響を受けるメカニズムについて、BtoBビジネスのヒントとなる情報を紹介します。 受注に繋がるウェビナー運営とは? ウェビナー運営の教科書【2022年版】...

BotBでリード(見込み客)獲得する12の施策。有望なリードを見極める指標とは

マーケティング活動に役立つ情報を集める上で重要な役割を担うリード獲得。自社でどのようにリード獲得を目指すべきか悩んでいる企業の担当者も少なくありません。 オンラインセミナーやSNS、Web広告、ダウンロード資料など、リード獲得を目指す方法はさまざまです。リード獲得を効果的に行うためには、自社の製品やサービスの特徴を踏まえて、最適な方法を選ぶ必要があります。 今回の記事では、リード獲得に役立つ12の施策を紹介します。有望なリードを獲得するために大切な指標についても説明するので、ぜひ参考にしてください。 続きはこちらからご覧ください。

電話は時代遅れ?電話業務を効率化して問い合わせを最大化する方法

問い合わせや予約受付など、電話を使った業務を改善したいものの、何から始めてよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。電話業務の成果を高めるためには、架電状況をデータとして分析し改善を行う電話DXの取り組みが効果的です。 この記事では、電話業務の効率化や問い合わせの増加につながる電話DXについて、事例を交えながら解説します。電話を使った業務に携わるマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。 続きはこちらからご覧ください。

マーケ担当に聞いた、サイトリニューアルの理由とCMS乗り換えに関する実態調査。 今週のPICK UP!調査データ

株式会社サイト・パブリスは、Webサイトのリニューアルを検討している企業のマーケティング担当者109名を対象に、CMS乗り換えに関する実態調査を実施しました。 その結果、サイトのリニューアルを検討している背景・理由として、「SEOの強化のため」が56.0%、「コンテンツを増やしていくため」が53.2%、「ブランディングのため」と「更新負担減少のため」がそれぞれ46.8%という回答になりました。 (サイト・パブリスの資料をもとにferret編集部作成) また、サイトのリニューアルに伴い、82.5%がCMSの乗り換えを検討していると回答しました。 (サイト・パブリスの資料をもとにferret編集部作成) さらに、「サイトのリニューアルを検討している」と回答した方へ「CMS乗り換えを検討している理由」を質問したところ、「現状のシステムの不具合が多いため」が61.1%、「コンテンツマーケティングに注力していくため」が46.7%、「現状のシステムの操作・運用の難しさがあるため」が45.6%という回答となりました。...

夏休み中にインプット!マーケター向けおすすめコンテンツまとめ

8月は、夏休みやお盆期間でまとまった時間がとれる方も多いのではないでしょうか。 ゆっくり休むことももちろん大切ですが、普段なかなかとれないインプットの時間を作るのに適したタイミングでもあります。 そこで今回は、休み中に学習を進めたいマーケターの方向けに「巣ごもり期間中のインプット」をテーマに、おすすめのコンテンツを紹介します。 ▼あわせて読みたい 【新人マーケター】おすすめ資料まとめ 新人マーケター様向けに「マーケターになったら、まず覚えたいこと」をテーマに、おすすめの記事と資料をピックアップして紹介します。新任のマーケターの方はもちろん、新人研修などにもお役立ていただけますと幸いです。 続きはこちらからご覧ください。

その時、受け手はどんなニュースに囲まれている?から発想する「空気を捉えるマーケティング」

毎朝ひとつ、BtoBマーケ観を更新するferretのツイート連載を一本の記事にまとめた「One day, One UPDATE.」 今回のテーマは「空気を捉えるマーケティング」について。 日夜自社サービスと向き合い続ける宿命のマーケターは、往々にして視点がマニアックになりがちです。BtoBマーケティングアカデミーでは以前「マーケターがPR視点を持てば鬼に金棒」という記事を掲載しましたが、その一番の理由はメディアやそれを通して社会と日々向き合う広報・PRならではの「マクロ視点」の獲得にあります。 広報・PR的な「社会に対するマクロ視点」を持てば、受け手がどのような気分・前提意識なのかを把握でき、その「気分」に向けて確度の高いメッセージ設計ができます。すると当然、多くの人に受け入れやすい角度からメッセージを刺し込むことができるので、マーケティング精度も上がります。...

受け手の前提知識をテコにする。気づきを与える「捉えなおし」のコミュニケーション

毎朝ひとつ、BtoBマーケ観を更新するferretのツイート連載を一本の記事にまとめた「One day, One UPDATE.」 今回のテーマは「捉えなおしのコミュニケーション」について。 リードライフサイクルにおける初期段階「匿名コンタクト」フェーズでは、気づきのある教育コンテンツを提供することでリード化に近づけていきます。ここで重要なのは、同じ情報でも「気づき」を与える出し方とそうでない出し方があること。マーケターは常に受け手が「ハッとする」言い方の研究も必要です。 続きはこちらからご覧ください。

SaaS企業がARPA(アカウント単位の平均利用単価)を重視する理由。ARPUとの違いやポイントを解説

ARPA(アカウント単位の平均利用単価)は近年、SaaS企業を中心に注目を集めている指標のひとつです。しかし、詳しい内容や数値の計算方法が分からず、困っている初心者マーケターの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ARPAとはどんな指標なのかを詳しくまとめました。 ARPAが重視される理由やARPA、ARPPUとの違いも解説しています。ARPAを上げるためのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 続きはこちらからご覧ください。

経営者が回答した「DX推進における成功要因」は?今週のPICK UP!調査データ

一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会は、DX推進に成功している企業の経営者314名を対象に実態調査を実施しました。 その結果、DX推進を始めたきっかけとして、約4割が「新型コロナウイルス感染拡大によるリモート対応」と回答しました。さらに、DX推進の成功要因として「経営陣の知見や理解」、「ペーパーレス推奨」がそれぞれ3割以上の結果となりました。「SaaSを導入した」との回答も17.8%ありました。 (中小企業個人情報セキュリティー推進協会の資料をもとにferret編集部作成) 今後DXをさらに推進していく上で、取り組んでいきたいことに対しては、「IT投資にかかる予算の増加」が36.3%、「社内におけるDX人材の育成」が29.6%という回答でした。また、8.0%が「SaaSの導入」と回答しました。...

Discover, share and read the best on the web

Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters! Get unfiltered news feeds or filter them to your liking.

Get Inoreader
Inoreader - Follow RSS Feeds, Blogs, Podcasts, Twitter searches, Facebook pages, even Email Newsletters!